ツイちゃんの絵日記

書きたいことを書くだけ。

数字を上げてやるぞー

www.twichan-wot.net

僕の高校時代のゲームの思い出を書いた記事をTwitterに投稿したところ、いろいろな人に共感してもらえた。
とてもうれしい。

 

内容としては、ネット活動しているゲーマーって上手だけど、下手な人たちも楽しくやってるよ、下手な人を応援してくれたらうれしいよって記事。
これ、ブログを始めた当初だとここまで表現できなかったんじゃないのかなーと思っている。

www.twichan.net

これが僕が一番最初に書いた記事だ。
おおよそ1年前だったと思う。

親しみやすい口調にしようと思ってキャラがブレブレになっている。
しかし、わかりやすい文章を書いてやろうと思って最初の投稿をしたのは間違いない。
間違いなく、上の記事はその時の僕が書くことのできる最高の文章であった。

 

さて、ブログを一年ほど続けた。
途中途中、更新をとめることも何度かあったが、なんだかんだで一年続けられた。
三日坊主で飽き性な僕でも、なんと継続することができたのである。

 

さて、つづけた結果どうなったのかというと、上の記事につながる。
何度か読み返してわかった。
おそらく、僕の文章力、語彙力はそこまで増えていない。

ブログを書き始めたためにたくさん本を読んだわけではない。
文章トレーニングをやってみたわけでもない。
思いついた書きたいことを書きなぐってネットの海にぶち込む。
これを繰り返しただけである。
だから、僕の使える単語が増えているわけではない。

 

1年経った今、間違いなく伝える力のようなな何かが増えていると感じた。
仮に、ブログを作った当時、上の記事と同じ題材で記事を書こうとしても、きれいにまとめられなかったと思う。

 

高校時代の思い出は、今でも昔でも変わらない。
どれくらい時間が経っても、思い出はそのままである。
それでも、僕が表現する力が増えたから文字に起こせた。
自分の中の記憶をようやく書き出せたのである。

 

上の、高校のころの楽しかった戦車のゲームの記憶。
ブログを書き始めて1カ月くらいで記事にしようとした。
ぜんぜんうまく書けなくてボツにした。
この話題は取っておいて、もっと上手になったら書いてやろうと思った。

やっと書けた。

 

断言できる。
あの記事の文章は下手だ。
表現がおかしい。
日本語が足りない。
論理的に飛躍していてわかりにくい。

それでも、僕の思い出的な何かを、そこそこ表現できていると思っている。

 

僕は成長している。
成長を実感した瞬間が一番楽しい。
それはゲームだって、ブログだって同じだ。

ブログもゲームももっと続けていく。
もっと数字を上げてやる。

英語NOOBのWoT生放送英語講座

こんにちは、ツイちゃんです。最近はYoutubeでWoT(戦車のゲーム)の生放送をやってます。

WoTは日本だけではなく、世界中のいろいろな地域でプレイされています。それに伴い、僕の生放送にもいろいろな国の人がいらっしゃるんですよね。ありがたいことです。

韓国、中国、オーストラリア、ベトナム、カナダ、アメリカ、いろいろな地域に住んでいる人からコメントが来て、英語で返していくわけです。結構楽しい。

 

ところで僕は英語が喋れません。

  • 小学校:Hello.
  • 中学校:This is a pen.
  • 高校:偏差値が50もない工業高校のため中学で習った範囲程度しかやらない。

学力は低め。洋楽とかを聞くわけでもなく、外国人の友人がいるわけでもなく。とにかく英語に触れない、一般的な日本人の生活を送ってきたわけですね。

 

しかし、英語を喋る必要があります。海外に在住している彼らは、日本語はまったくわかりません。こちらで日本語をどう使おうが、絶対に伝わらない前提条件があります。

ですので、私が無理やり英語を話すしかないってことになるんですね。

 

ということで、今日は生放送で使っている英語をいくつか紹介します。たぶん文法的に間違っているところがいくつかあると思いますが、伝わってるのでBroken English(ぶっ壊れ英語)として使えているのでしょう。

Thank you for watching this live streaming!

意味:生放送見てくれてありがとな!

とりあえず一番使えるし、これ言っておけば問題ない気がする。生放送上を終えるときとかにしっかり言う。

応用すると、

Thank you for comment!

意味:コメントありがとうございます!

とか使える。Thank you for~は英語noobでも使いやすい表現でよい。

 

Please subscribe my channel and push good button!

意味:チャンネル登録と高評価をお願いします!

Youtuberだと大体言えそうなやつ。Goodのところで親指のグッドサインを付けたジェスチャーを持っていくようにしている。(ウェブカメラ併用)

効果があるのかどうかはしらないが、これも配信の最後に言うようにしている。僕のチャンネルが伸びてほしいからね。

 

Please do not shot and kill!

意味:撃ったり殺したりしないでね!

僕の配信では視聴者が戦車に乗り、1km四方のマップをうろうろしながら会話を楽しむものとなっている。戦車にはもちろん砲が付いており、目標を狙って左クリックすれば相手は消し飛ぶ。しかも15分くらい何もできなくなる。

挙動が怪しそうな相手にはこの表現を使う。これは使いやすい。

 

Follow me!

意味:ついてこい!

最近知った表現。フォローして! って、ついてこいって意味なのね。

フィールドをほかの人と一緒に動くときに使う。

 

I'll drink barley tea.

意味:麦茶飲んでくる。

英語が話せる視聴者に教えてもらった。配信中に喉が渇いたときに使う。barley(バリー?)って発音するらしい。

 

おわりに

ご覧になった方はわかると思うのですが、僕の英語基礎レベルはかなり低いです。少なくとも上の単語をまとめて記事にしようとするくらいには低い。

まぁ練習していろいろな人とコミュニケーションをとれるようになりましょう。がんばるぜ。

ここの表現はもっとこうした方がいいよー! とかありましたら、ぜひコメントで教えていただけるとうれしいです! まってまーす!

WoTブログの競合調査まとめ

こんにちは、ツイちゃんです。3連休最終日の夜です。この連休を使い、WoTブログをオープンさせました。

www.twichan-wot.net

向こうにも簡単に書いたんですが、このブログの目標や野望をよりしっかり書こうと思ったので、こちらに書いていきます。

こっちだといろいろな人の名前を出していくので、もし不都合などあればtwitterまでご連絡いただけるとありがたいです。

車両レビューをやるブログがない。

車両のレビューをやってるブログってないんですよね。おすすめの課金戦車5選とか、今まで買ってきた課金戦車まとめとか、そういうやつはけっこうあるんですよ。あとは、スーパーテストで実装された新車両のスペックとかもあったりする。

しかし、純粋に一つの車両の感想を書いたブログはどこにもないです。この戦車はこうで、こう思ったとか、そういうふうに自分の使用感をしっかり書いたブログって多分ないんですよね。だからそこに入り込めるんじゃないのかなって思ってます。

 

競合について

検索順位をあげたい! と思ったとき、意識すべきは競合のサイトらしいです。WoT ブログなどで上位に表示されている人を分析し、特徴を簡単に書いていきます。

www.twichan-wot.net

twichan-wot.netでもおすすめのブログをまとめてみましたが、こっちの記事では検索の競合としてブログの特徴をまとめてみます。

 

れいしきさんのnote

note.com

今最も勢いのあると思っているのが、れいしきさんの初心者脱出ブログです。内容としては、プレイ方法やwikiの知識の噛み砕いた説明・図解ですね。

勢いの理由なんですが、最近のgoogleのアップデートにより、noteがSEOにめちゃくちゃ強くなったんですよ。その影響で、hirologさんやkinchanさん、ヒゲダルマさんなどのWoTブログの強豪をおさえ、検索のトップに躍り出ました。noteのサービスを利用したのは流石の一言です。

  1. WoT+戦車+おすすめ トップ1
  2. WoT+課金戦車+おすすめ トップ1

正直めちゃくちゃ強いです。しかも記事を書き始めたのは2020年の2月。今までwotのブログを書いてきた人はたくさんいると思いますが、それをゴボウ抜きしてわずか2ヶ月でトップをとってしまう恐ろしさ。

2020年5月現在、最近はnoteから、ご自分のはてなブログに活動の場を移しているようです。しかし、れいしきさんのnoteの検索順位を抜くのは一つの目標となります。

reishiki8810.hatenablog.com

kinchanさんの戦術ドクトリン

www.kinchan0023.com

【F-T】:MJBクランマスターのkinchanさんの書くブログ。大手クランマスターということもあり、タクティクスやクランの戦闘記録など、いろいろな情報をどんどん書いていく方です。

記事の傾向としては、キーワードを狙った記事というよりもWoTの記録的な意味合いのものの方が多いようです。

一つ一つの記事ではなく、全部をもってWoTのブログといったイメージ。

記事数も500記事以上と膨大、しかもほとんどがWoTの内容。検索エンジンから見ても、WoTの専門ブログとしてみられているでしょうし、事実「WoT ブログ」の検索結果では常に上位に位置しています。

2017年から始まっていることもあり、ブログのドメインパワーも強いように見えます。戦えるようになるには、こちらも同じく、中身のある記事を同数・500本は用意するつもりで動く必要がありそうです。

 

WoTで強くなりたい人のブログ

taku-wot.hatenablog.com

WoTにはいろいろなブログがあると思いますが、一番情報の価値が高いのは間違いなくNyan_takuさんのWoTで強くなりたい人のブログです。

記事総数は20本ほどと、ほかのブログに対して少なめですが、とにかく内容が強すぎる。

うまくなるためにはどうすればいいのか? という、WoTプレイヤーであれば誰でも興味を惹かれることがめっちゃくちゃ丁寧に書かれてます。量よりも質、圧倒的な質があるブログ。

車両性能よりも、うまくなるためのやり方に内容が振られているので、ブログの内容としてはtwichan-wot.netと競合はしません。また、最近は更新されていない状態になっております。しかし、このブログが何年たっても、WoTが存続しているかぎりは常に価値を落とさないんじゃないかなーと思ってます。

ブログを書く人の視点としては、ユーザーが本当に知りたかった情報を書けば、量がなくてもトップを取ることができる見本としています。僕もとにかくみんなが知りたい、読みたい情報を書くようにします。

hirologさんのwot備忘録

wot.hatenablog.jp

(URLがwot.hatenablogってすごいなあ)

twitch配信、スーパーテスト情報、mod情報を取り扱っている、hirologさんのブログです。ブログの中を巡回させるよりも検索流入が強そうな感じがします。

  1. WoT+配信+やり方 で公式の次に表示される(トップ4)
  2. WoT+twitch+配信 では公式・企業の次に表示(トップ5)
  3. WoT+mod では公式・wikiの次に表示(トップ5)

WoT関係で配信をやりたい! modを入れたい!というユーザーは多分全部hirologさんのサイトに流入しています。公式見てもwiki見ても、図解とかがなくてわかりづらいからね。

そしてhirologさんもとにかく解説が丁寧。図解が多く、また文字数は少なめに抑えられています。読んでいてうんざりするようなことが一切ない、本当に親切な作りになっているんですよね。

WoTのmodや配信など、さまざまな要素で流入が発生しているため、おそらくWoTブログの中ではラスボス的な立ち位置だと思います。本当に強い。

twichan-wot.netでも書きましたが、WoT公認CC&twitch公式パートナー。ラスボスだあ。

 

徒然戦車道

www.tureduregames.com

PS4版のWoTで活動している、つれせんさんのブログです。本物のユニカム。PS4版の記事であるにもかかわらず、

  1. WoT+戦車+おすすめ (トップ4)

など、上位に常に存在し続けています。ほかのブログ運営者と違うのは、その圧倒的な実力。埋め込みリンクにもあるように、4000overのWN8、世界レベルの実績が権威となっています。

ブログには車両レビューが多く、スペックや印象が丁寧に語られています。PC版とPS4との違いはあれど、twichan-wot.netと内容はかなり近くなるはずです。

ユニカム、いやスーパーユニカムのつれせんさんが車両レビューは書いているのに、お前は何を提供するのか? 自分の個性を見つけないと、私のブログは完全な劣化版と化します。

一言で表現すると、権威性がある車両レビュー。

 

World of tanksニュース

h-daruma-wot.seesaa.net

higedarumaさんの、WoTニュースブログ。個人の意見と言うよりは速報が多く、SNSで拡散されてくることも多いです。

検索流入というよりは、トレンドブログに近い印象。日本語でない海外の情報をいち早く察知し、それを最速で記事に起こす、速報ニュースの立ち位置だと感じました。

新鮮な情報を新鮮なうちに届ける手本としています。

 

競合がたくさん。

とりあえず1時間で記事に起こしてみました。それぞれが各々の個性を持っており、それが文章となっているのがよくわかりました。

この中にtwichanの名前が書かれたサイトで戦っていけるのか? と考えましたが、検索上位に表示されているサイトは、どれも読者が欲しいサイトであることに間違いないです。

丁寧に記事を書き、検索上位を目指して頑張っていきます。

www.twichan-wot.net

【WoT】T49に100戦乗った感想。味方にすると弱くなる敵のボスキャラクターである。

 

f:id:twichan:20200512164025j:plain

こんにちは、ツイちゃん(WoT ASIA IGN:twichan_wot)です。WoT(戦車のゲーム)の記事です。

アメリカTier IX LT T49に100戦乗り終えたので、感想を残しておきます。総評は、味方にすると弱くなる敵のボスキャラクターです。

使用する前の印象

  • 榴弾でスッポスポ抜いてくるやばい戦車である。
  • 相手の背面に回り込んでから尻を抜いてくる。
  • 遠距離スナイパーと化す味方T49。
  • 誰が乗っても強いタイプの戦車。

WoTは5年ほど、19,000戦やってました。最近になってようやくT49を開発するまでは、ずっとやばい戦車という印象があったんですよね。

紙装甲で対面すればまさに恐怖。一瞬で溶かされる、あいつ怖いってイメージ。

 

はい、では実際に乗ってみた結果です。

乗ってみた後の印象

火力面の感想

  • ロマン砲。単発910っていいよね。
  • 照準拡散があまりにもひどい。今まで乗ってきた戦車の中で体感一番ひどい。
  • 絞りが遅すぎる。あまりにも遅い。
  • 主砲が悪い意味で自走砲。絞る時間も自走砲のそれである。
  • T49は自走砲だから......は誇張表現ではなく、本当に直射自走砲と同じ感覚のプレイスタイルを要求される。
  • 砲塔を回さなければ普通の戦車クラスに収まる。
  • 砲塔回した瞬間レティクルがガバッガバになります。やばみ。

まず砲の精度・拡散の劣悪さに驚きました。ソ連のMTっているじゃないですか。スペック上の精度が悪くても、拡散が優秀だからなんだかんだで当てられるやつ。T49もそんな感じなのかなー? って思ってたんですけど、全く違うわ。自走砲だよこいつ。

皆さん、悪名高きM44(Tier VI SPG)に乗ってみたことはあるでしょうか。 T49のシンプルな使用感はあれの直射モードですね。T49マジ自走砲。

絞り切らないと当たりづらいんですが、敵の前でゆっくり止まって絞るなんて難しい。かなり当てづらい砲性能。

弾速は結構遅いんですが、弾道はそこまで山なりにならない体感。ブラインドショットが結構捗る砲性能しているのはGood。

もちろん走り撃ちも当たらないです。背面を取って近距離まで距離を詰めて撃って外すは日常茶飯事。

装甲

  • そんなものはない。

機動力について

  • 操縦が今までの戦車の中で一番難しい。簡単に転ぶ。
  • 横転する。
  • クラッシュする。
  • どこでもクラッシュする。
  • 今まで普通に下ることができていた崖を降りるとクラッシュする。
  • 本当に前後バランスが悪い。操縦にとにかく神経を使う戦車。
  • 旋回がやや悪い。相手の後ろを取りづらい機動力。MTの背面に榴弾バーンは結構難しいかも。
  • 加速はつよつよ。坂道スイスイ登れる。
  • 最高速度65km/hだけど加速が速いから気にならない。

とにかく操縦が難しいです。100戦のうち、4戦クラッシュして死にました。今まで普通に使っていたちょっとした崖が一切使えなくなります。

あと旋回が遅め。敵のお尻を取るのは結構難しいです。T110Eなんとかなどの重駆逐なら問題ないんですが、軽いTDとかだと結構難しかったりする。

 

車両性能まとめ

今まで乗った戦車の中で一番ピーキーな戦車。これにつきる。敵に回したときの恐怖ほど強くないという実感も得た。絞らない=当たらない戦車ですね。

火力・機動力・装甲のどの部門でも何かしらの欠陥を抱えている戦車なので、扱いにはかなりの繊細さを求められます。

 

ここまで散々悪いことを書いたのですが、この戦車めちゃくちゃ面白いです。普通のLTとは独立してT49がいる感じ。

HTのところに行って残飯処理もできるし、LTのところに行って大ダメージ量産マンもできる。弾は当たりませんが、あらかじめ絞っておけば素直に飛ぶので良い子。

そして榴弾が貫通した時の脳内麻薬分泌量は戦車の中でトップクラス。依存性が高い。敵の背面を取ってHEをぶち込んで逃げ出すその時は、「やってやった、やってやったぞ!!!」という強盗を成功させて逃げ出す犯罪者のスリリングな気持ちが味わえます。

間違いなく一回乗っておいてほしい戦車の一つです。面白さがそこにある。

 

戦績

f:id:twichan:20200512164029j:plain

f:id:twichan:20200512164035j:plain

平均ダメージ1,310,アシスト864のダメアシ合計2,174。黄色にふさわしいダメージだな!

生還率が19%なんですが、撃破比率が1.02あるのでキルは取りやすい性能みたいですね。残飯処理が楽しい。

ガバガバムーブを繰り返しているんですが、それでも優等は77%あります。2優等までは基準が低くて、3優等からは一気に化け物になるタイプの戦車なのかもね。

 

f:id:twichan:20200512172206j:plain

今日は平均ダメアシ2,500くらいなのでつよい。

おわりに

スーパーロマン榴弾マンLT,T49の紹介でした。めちゃくちゃ楽しいのでぜひ一度乗ってみてください。脳内麻薬でハッピーになれる素敵な戦車です。

 

のどかな海岸 爆発UDESくん

のどかな海岸。ヨーロッパの端にあり、別荘地帯となっているあのステージ。

Tier 10戦場、南スタート。UDES 15/16くんは1ラインに向かおうとしていました。

油圧サスペンションをふわふわとさせ、ハルダウンでカンカンと弾いて戦ってやろう。そう意気込んで前線に進んでいきます。

 

途中まで進むと、初動偵察に出ていたEBR 105くんが急に引き返してきました。

「こらー! 偵察をやめるんじゃない!」
怒ったFV4005くんがEBRくんに榴弾をぶち込む。しかし味方同士、ダメージは発生しません。

「いやいや、4005くん、マップを見てくれよ。こっちには、僕と、UDESくんと、君しかいないじゃあないか」

「なるほど。これは、よくないね。線路を超えて、自陣に戻らなきゃ」

FV4005くんに続き、UDESくんも言いました。

「教えてくれてありがとうEBRくん。さあ、一緒に防衛線だ! 東の重戦車たちが突破してくれるよう、時間を稼ぐぞー!」

 

これで味方も仲直り! さあベースに戻るぞ、というところで、ドッカアアアアン!中央を見ていたGrilleくんが吹き飛びます。

「なにー! な、なにがあったんだ!」とEBRくん。

急いでマップを確認すると、なんということでしょう。敵の重戦車、中戦車、一斉に押し寄せてきているではありませんか。その数、なんと7両。こっちはたったの3両です。

敵が向かい、砲撃の音が近づいてきます。そんな中、UDESくんは言いました。「これはまずい! いったいどうしようか!」と振り返ってFV4005くんの方を見ます。

彼はすでに撃破されていました。大きな巨体は簡単に見つかってしまったのです。

 

UDESくんは油圧サスペンションを発動。俯角を確保して迎え撃とうとしますが、しかし、敵が多すぎる。そのままスポスポと砲塔を抜かれて、やられてしまったのでした。

 

 

溶接の火花が散るガレージ。UDESくんのほか、いろんな戦車の寝床です。ガレージで修理を終えたUDESくんは、戦闘を振り返ります。

「どうして、今回はやられてしまったのだろう?」

まず、序盤の味方の配置をちゃんと見ておくべきでした。東にたくさん、西に3枚、中央に1枚。ラッシュが来れば間違いなくやられてしまう布陣です。

序盤の段階でマップをクリックして味方に知らせる、すぐに下がることのできるところで待機するようにする。いろいろ反省点は多いこと。UDESくんはこれに気づきました。

「うーん、Lansen Cに戻って練習してくるかなあ」

そういうと、UDESくんは光に包まれ、大変身。油圧サスペンションを脱ぎ捨て、Lansen Cの姿に変わっていきました。

「よーし、Tier 8で練習だ!」

基本に立ち返るUDESくん。彼が戦場で活躍できる日は、きっと遠くないのでしょう。

めでたし、めでたし。