ツイちゃんの絵日記

イラスト・日記・クトゥルフ神話をお届け!

クトゥルーの呼び声を30分で読んだ

限られた時間でインプットとアウトプットの習慣をつけるにはどうすればいいか?

昨日おおよその概要を考えたが、具体的な方法をもう少し詰めてみた。

 

30分インプット・15分アウトプット

インプット

寝る前に30分程度の時間制限を設けて、読めるところまで高速で本を読む。

読み終えたらノートに簡単に内容をまとめておく。

 

アウトプット

朝起きてから15分程度で本の感想・あらすじを記事に起こし、投稿する。

 

再確認

寝る前に同じ小説を再度読み直し、あらすじの間違えがあれば訂正する。

 

これを一つのサイクルとして挑戦していこう。

 

クトゥルーの呼び声

30分ほどで急ぎ読んだ本の感想であるので、誤っている点が多々あると思う。

短時間で読んだ人の印象がこう残る記録として読んでほしい。

 

あらすじ

  1. 書き手の大叔父が死亡。遺産整理をすることに。
  2. 遺産からメモが見つかったので読む。
  3. ここからメモの記述が始まる。
  4. 彫刻家などが同じ狂気的な夢を見るようになる
  5. 大叔父は夢について調査を始める。
  6. 学会に誰かが見たことのない像を持ってくる。
  7. 像は夢に出てくる怪物と共通している見た目であった。
  8. 探索チームを組み、情報をあてに未開の地?へ行く。
  9. 原住民を尋問する。原住民は知られていない神を信仰している。
  10. 原住民曰く、星の配置によってその神は復活する。
  11. 遺跡を見つけ入ると、奥で突然クトゥルーが現れる。狂気で2人死ぬ。
  12. 一人食われる。
  13. ボートに乗って島を脱出するが、クトゥルーは追ってくる。
  14. 追ってきたクトゥルーを振り返った乗員が発狂する。
  15. ボートでクトゥルーに突撃する。クトゥルーは裂けるが再生し始めた。
  16. 逃げる。
  17. 書き手視点に戻る。これを知った大叔父は早死にした。自分もいずれ死ぬだろう。これを見た人も死ぬだろう。このメモはなるべく誰にも見せないでほしい。

 

といった内容であった。

物語の恐怖のポイントとしては、

  1. 恐怖に追いかけられる
  2. 恐怖が突然現れる

この二点が印象的であった。シナリオを作るときに生かしたい。

 

08:01~08:13 急ぎ記事を書いた、

827文字であった。