ツイちゃんの絵日記

今のマイブームはタロット占いです!

【スコア430】小学生から社会人まで、イータイピングのランクの目安を公開

f:id:twichan:20190926115240p:plain

小中学校の授業でタイピング練習をしている人、したことがある人は多いと思う。同級生には大体一人くらい早い人がいて、周りに人が集まって......そんな授業風景。

 

僕が通っていた学校では、イータイピングが使われていた。

 

www.e-typing.ne.jp

このサイトでは、タイピングの総合的な速さをランクスコアで表している。ランクもスコアも高ければ高いほど良い。しかし、具体的にどれくらいあれば良いのか?気になったことがある人も多いだろう。

 

そこで、CランクからProfessorランクまで上げた僕の例を交え、ランク別の目安を公開する。

 

これからタイピングを練習する人も、今練習している最中の人も、目標の設定に役立てていただければ幸いだ。

 

 

スコアが上がると何ができるようになるのか?

まず、タイピングが速くなると何ができるようになるのか?タイピングに意識を割く必要がなくなり、考えることに集中できるようになる。これだけだ。これだけだが、非常に大きなメリットになる。

 

タイピングが苦手な人が文書を作るときは、

 

  1. 頭の中で文字を考える
  2. キーを探しながら文書を打っていく
  3. 「じゃ」や「うぉ」など難しい文字を打つときは、その都度ローマ字表を確認する・調べる

 

この3ステップを常に繰り返しながら作業を進めることになる。文書を考えながら、文字の打ち込み、必要があれば文字の打ち方を調べるのだ。

 

これがタイピングが得意になると、

 

  1. 頭の中で文字を考えながら打つ

 

この1ステップで完結するようになる。文書の作成に集中できるので、クオリティも上がるし、作業時間も減るようになる。

 

この現代、どんな職業でもPCに触れることが多くなっている。ちょっとした報告書や日報、客先に渡す書類の作成など、タイピングの技能はどこでも求められるのだ。将来働くのであれば、タイピングができるようになっておくと非常に仕事がやりやすくなる。

 

これを見ているあなたは学生さんか、それとも社会人かわからないが、始めるのはいつでも遅くない。ぜひ今日から練習していこう。

 

ランク別の目安

僕が取ったことのあるランクまでのスコアを並べてみよう。

 

400〜449 Professor
375〜399 Comet
350〜374 Ninja 
325〜349 Thunder
300〜324 Fast
277〜299 Good! 
260〜276 S 
243〜259 A+ 
226〜242 A
209〜225 A- 
192〜208 B+ 
175〜191 B 
158〜174 B-
141〜157 C+
124〜140 C
107〜123 C-
90〜106 D+
73〜89 D 
56〜72 D-
39〜55 E+
22〜38 E
〜21 E-

インターネットでタイピング練習 イータイピング | e-typing ローマ字タイピングより

 

大まかな記憶だが、

 

  • 小学3年生 110 C-
  • 中学2年生 170 B-
  • 高校1年生 200 B+ ここから練習を始める
  • 高校2年生 280 Good!
  • 高校3年生 390 Comet
  • 現在(20歳) 480 Laserbeem

 

こんな推移で伸びてきたはずだ。それぞれのランクの時の感覚を記述する。

 

C- 107~123

目で探しながらローマ字を打つレベル。ブラインドタッチを習得できていない程度。文書入力に支障が出るので、この状態で仕事をするのは難しいと思う。(もしこのレベルで仕事ができている人がいれば、練習すればすごい仕事が速い人になれるだろう)

 

初心者は大体D~C-あたりに収まるので、初めてタイピングをやってみてこのレベルであればGoodだ。

 

目安:目で探しながらローマ字を打つレベル。要練習。タイピングに意識の全てを割く必要がある。

 

B- 170

特に練習をすることなく、中学生の時に測定した速度。このころはブラインドタッチができず、自己流のよくわからない打ち方をしていたと思う。断言するが、自己流の成長は限界がある。自分なりの打ち方からブラインドタッチに直すと速度が遅くなるが、我慢して練習すればすぐに元の速度に追いつき、追い抜いていくだろう。

 

ちなみに、事務作業をしている親のタイピング速度がこれくらいであった。

 

目安:自己流もしくはブラインドタッチ初心者。タイピング練習をしていない一般的な大人の速度。仕事に困らないレベル。タイピングにある程度の意識を割く必要がある。

 

B+ 200

高校に入学し、タイピング練習を始める前の速度。一般的な人よりはやや速く打てるくらいのスコア。

 

仕事には困らない程度の速度であるが、まだタイピングに意識を割いていて、文字を考えることに集中しきれてはいないほど。一番伸びやすい、練習していて楽しいスコア帯。

 

目安:一般的な人よりやや早い。仕事に困らないレベル。タイピングにある程度の意識を割く必要がある。

 

Good! 280

高校2年生、タイピングをまじめに練習し始めたころのスコア。250を超えるとブラインドタッチをほぼ習得できている状態の人がほとんどだと思う。

 

これくらいまで練習すれば、ほとんど無意識にタイピングできるようになっているだろう。タイピングに意識を割く必要がなくなるので、自分の本来の仕事にしっかり集中できるようになる。

 

目安:タイピングが速いと驚かれるほどの速度。無意識に打てるようになるので、仕事により一層集中できるようになる。目標に最適なスコア。

 

正直、スコア250、SランクからGood!ランクを目指し、ブラインドタッチを習得すれば仕事には十分だと思っている。これ以上は趣味の世界となってくる。

 

Comet 390

高校3年生、暇な時間を見つけてはタイピングをして遊んでいたころのスコア。ここまでくると完全な無意識で文字を打てるようになっており、落ち着いた会話であれば言葉をそのまま打ち込むことができるほどになる速さだ。

 

目安:白熱していない議論をそのまま書き起こせる。

 

Professor 430

社会人、いくらか練習していたらこれくらいまで伸びた。Cometとあまり違いを感じられないので、(頭の中で考えるスピードと、文字を打つスピードが同じくらいになっているのでスコアを伸ばす意味が薄れてきている)ここまでの練習はほぼ趣味になっている。

 

 

最近はブログを書くのが趣味になっており、それの影響もあって少しずつ早くなっている気がする。

 

 目安:趣味の世界。

おわりに

タイピングのランクの大まかな目安をまとめた。始めたばかりの人は、まずはBランクを目指して頑張ってみてほしい。

 タイピング練習のおすすめサイトはこちらから。

www.twichan.net

 

もしタイピングの速度に悩んでいる人がいれば、おすすめの伸ばし方など簡単に教えられるので、Twitterまでどうぞ。

twitter.com