ツイちゃんの絵日記

今のマイブームはタロット占いです!

初心者のための実践型タロット占い練習法

タロットカードを買ってから6日くらい経過。6日間で20人くらいの人を占っている。

占いだけでなく、物事の習得にはインプットとアウトプットが重要だ。今回は、タロットカードで効率的に習得できるやり方を書き残しておく。

 

用意するもの

タロットカード

タロットカード一式。Amazonで3,000円台で売られていることが多い。 

ライダータロットカードと呼ばれ、もっともスタンダードなもの。

マチュアからプロまで、ありとあらゆる人が使用するカードだ。

これを選んでおけば間違いない。

 

 

教則本

 タロット解釈実践事典。僕は一冊目にこれを買った。

占いの解釈や占いのやり方など、密度高く具体的に書かれている本。

今はスマートフォンでやり方を調べられると思うかもしれないが、本で調べた方が速いし信頼性も高い。

趣味の初期投資としては安い方なので、ぜひ購入を検討してほしい。

 

勉強方法

まずラジオ配信アプリ、SPOONをインストールしよう。時間帯としては21:00以降が適切だ。

タイトルを、「タロット占いやります」とわかりやすいものに設定して、配信開始。この時点でタロットカードの占いのやり方を知らなくても全く問題ない。

 

5分ほど待っていると誰かしら視聴者が入ってくる。

自分がタロットカードを買ったばかりであること、練習のために占わせてほしいことを正直に伝えよう。

 

恋愛運について占ってほしい・仕事運について占ってほしいなど、こういったコメントが付くはずだ。

 

カードを一枚引き、事典・スマートフォンを使ってカードの意味を調べてみよう。例えば恋愛・愚者であった場合、新たなスタートが見込めるかも?といった意味合いで捉えられるので、それを視聴者に伝えよう。これをひたすら繰り返す。

 

配信中は非常に密度の高いインプットとアウトプットを繰り返すことになる。本を読んでいたり、自分を占ったりしていると、ちょっとしたことで気がそれてしまう。しかし、配信中は常に誰かの目を意識しなければならない。自分の中での最高効率で習得を続けることができるのだ。

 

6日間やってみた。

タロットの知識が全くない僕がこれを6日間やった結果、大アルカナの意味を4割程度覚え、また三枚のカードを使って占うスリーカードオラクルを習得できた。

視聴者からの評判も好評だ。恋愛に関する占いが多いのだが、当たっているという声を多くいただいている。

 

たったの6日間、毎日1~2時間ほどの練習。本を読みながらの補助輪付きではあるが、今では毎晩いろんな人を占える状況を手に入れた。タロットカード占いを始めてみたい人はぜひSPOONを頼ってほしい。優しい視聴者が、あなたの占いをサポートしてくれる。