ツイちゃんの絵日記

書きたいことを書くだけ。

【タロット】ワンドの8と死神・DEATH。僕が好きなカードです。

 

お題からブログを書いてみよう、そう思ってtwitterで募集したところ、好きなタロットカードについて語る記事がよさそうだったので、さっそく書いてみることにした。

個人的な好み・考えが思いっきり反映された記事である。

 

ワンドの8は変化・急変のカードである。

ワンドの8は状況の変化、それも激しいものととらえている。何かが変わる、何かが動く、何かが移るようなイメージ。今の状況から動きがあるという風にとらえるのだが、個人的にこのカードが大好きなのだ。

不変はよくない。変化は素晴らしい。自分の現状が完璧で、完全に今のこの環境に満足だ! と納得している人は少ないと思う。誰だって、仮に今が幸せでも、もっとよくなったらなーと考えているはずだ。いくらあっても足りない。

そういう考えを持つ僕は、状況の変化を意味するカードが大好物なのである。今の状況が崩れて新しい道に向かうのが好きなのだ。向かう先が良い方であればシンプルに喜ばしい。悪い方であれば問題に立ち向かうことになるが、解決すれば自分のレベルを上げられるチャンスだ。

何よりも不変が怖い。今の状況が幸せ! とぬるま湯に浸かっていて、ふと怪しくなって動こうとする。動かなかったために力は落ち、年をとっている。動かないことは本当に怖いのだ。

 

こうして書いてみると、僕は自分に経験値が入らない状況が嫌いなのかもしれない。良い方だろうが悪い方だろうが周りの状況を変化させ、なにかしらの物事に挑戦している状態であるべきだと、そう考えているのかもな。

「髪が後退しているのではない、私が前進しているのだ。」という言葉がある。あるだけだよ。この記事とは関係ないよ。ごめんね。

 

死神は崩して組みなおすカードである。

ワンドの8は変化していくカードであるが、死神はより強烈で、一回壊して組みなおす意味合いを持っている。状況の変化というよりは、土台そのものが変わるイメージを持つ。

これもワンドの8と同じように、変化こそ素晴らしいという僕の考えに関連するものだ。だから死神は良いカードだととらえているし、占いの中で出れば素直によろこんでいる。

 

変化すべき

周りの環境変わらないの怖いよね! って自分が思っているのを再確認する結果になった。周りのレベルが上がっているのに、自分だけ取り残される恐怖があるのかもねー。

僕が逆に嫌いなカードは世界である。確かに良いカードなんだけど、物事がゴールを迎えるというのはあまり好きではない。まぁゴール迎えたから別のこと挑戦してみるといいよってとらえ方でもいいんだろうけどさ。

 

おわり。16分で書いた。